無料LIVE配信

『インボイス・マネジャー』オンラインQ&A会

改正電子帳簿保存法 電子取引データ保存への対応を支援!

株式会社TKC青木 拓也

株式会社TKC次田 光佑

お申込みはこちら

このようなご要望のあるご担当者様にお薦めです

  • 電子取引における、電子データ保存の体制整備のため情報収集がしたい
  • スキャナ保存制度の具体的な対応方法が知りたい
  • 宥恕措置期間中に準備すべき事項を整理したい
  • インボイス制度と電子帳簿保存法の両側面から体制構築を検討したい
  • 基幹システムや経費精算システムで対応できない電子取引データの保存方法を検討している(探している)

ご案内

2022年1月から施行された改正電子帳簿保存法にて、電子取引における電子保存が義務化されました。
令和4年度税制改正大綱では、同取り扱いを宥恕する措置が設けられましたが、今後も改正消費税法インボイス制度等が予定されており証憑の電子保存の対応準備を進めておくことが必要です。
そこで、電子データの保存を支援する「インボイス・マネジャー」を紹介するLIVE配信セミナーを開催します。
この機会に是非ご参加ください。

 

主催:株式会社TKC

 

 

 

改正電帳法 電子取引データ保存への対応を支援!
インボイス・マネジャーの特長

 

ポイント1:わかりやすい操作性

経理だけでなく関係部門、グループ会社も含めて対応する場合には、関係者も多いため、誰もが直観的に操作できる仕組みが喜ばれます。

 

ポイント2:上場企業グループでも安心できる内部統制

柔軟にマスター設計可能です。”誰”が”何の書類”を”どこまで”処理、閲覧できるのか部門単位や証憑単位、会社単位で柔軟に設計いただけます。

 

ポイント3:電子取引データはTKCデータセンターに保管

実績豊富なTKCのデータセンターから提供されるクラウドサービスのためセキュリティ面も安心です。

 

ポイント4:特定の電子取引データの保管にもおすすめ

ERPパッケージや経費精算システムで保存が困難な電子取引データの保存先としてもご利用いただけます。

 

セミナー参加者の声

  • ・デモ画面をみることができ大変参考になりました。リアルタイムで質問させて頂けるのもよかったです。
     
  • ・猶予ではなく宥恕であることを改めて認識しました。
     
  • ・社内で検討しないといけない事項が整理できました。

 

セミナー参加者からの問い合わせ・QA事例

  • ・すでに利用しているシステムで対応済の証憑もあるため、特定の証憑のみをインボイス・マネジャーに保存したいが、可能でしょうか?
     
  • ・グループ利用の場合、利用料金は1社目と同様ですか?

 

セミナー資料を一部公開!

セミナープログラム

75分

1.電子取引データ保存、スキャナ保存、インボイス制度の概要、
  システム概要、システムデモ、Q&A
2.電子帳簿保存法における他社事例
3.インボイス・マネジャーご利用料金

講師株式会社TKC インボイス・マネジャー推進室

※Q&Aは、全てのご質問に対応できない場合がございます。予めご了承ください。

開催日程

本セミナーは、Cisco社のWebexを利用したLIVE配信形式のセミナーとなります。 参加いただく方は事前にWebexをインストールをお願いします。 インストールが困難な場合には、ブラウザからもご参加いただけます。 詳細な事前準備事項及びセミナー参加URLは申込後に別途ご案内申し上げます。

開催地 開催日時 会場 定員 お申込み

セミナー詳細

日時 上記の開催日程をご確認ください。
会場 オンラインでの開催
※参加者宛に別途ご案内いたします。
参加費 無料(定員100名)
お問合わせ
株式会社TKC 企業情報営業本部
担当:高野(たかの)・次田(つぎた)・青木(あおき)
Email:invoicemanager@tkc.co.jp
※電話でのお申し込みは受け付けておりません。当ページにてお申し込みください。
※お申込み後、自動返信メールをお送りします。自動返信メールが届かない場合は、当お問合せ先までご連絡ください。
※お問合せはメールでお願いいたします。営業時間:9:00~18:00(土日祝除く)
※ 記入いただいたお客様の個人情報は、本体験会に関するご連絡および資料等のお届けのために利用いたします。また、今後開催するセミナーのご案内をお送りします。
なお、具体的なご要望をいただいた場合には、その内容により提携または協定企業等に連絡することがあります。当社の個人情報保護方針は、 こちら をご覧ください。